安い家賃で良い物件を探すコツについて

家賃は毎月の大きな支出になりますので、できれば安く済ませたいものです。しかし、家賃を下げると物件の質も下がり、快適な生活が送れなくなるのでは?と不安に感じる方もおられるでしょう。

今回は、安い家賃で良い物件を探すためのコツを伝授します!

適切な家賃の決め方とは

物件を探す前に、まずは自分に合った家賃の決め方を理解しておきましょう。一般的に、家賃は手取りの3分の1~4分の1が良いといわれています。つまり、手取りが15万円なら4~5万円程度、25万円なら6~8万円程度という計算になります。

年収ではなく手取りで計算するのは、年収の場合、ボーナスの金額が毎年変動するからです。そのため、安定した収入である手取りで計算するのが妥当といえるでしょう。特に最近は年金制度の不安や消費税の増税などもあるため、できれば手取りの4分の1で考えておきたいところです。

また、物件を探す時に重要なのが家賃以外にかかる費用です。家賃が4万円の物件であっても、敷金・礼金・仲介手数料がそれぞれ家賃一ヶ月分必要になる物件ですと、家賃以外に最低でも12万円が必要になります。

また、家賃の他に忘れてはならないのが共益費の存在です。

共益費は家賃と同様に毎月支払う費用ですので、家賃は共益費を含めた金額で決めるようにしましょう。また、様々な初期費用の中でも礼金と仲介手数料は手元に一切戻ってこない費用です。初期費用を抑えたい場合は、礼金・仲介手数料が不要の物件を選ぶことをおすすめします。

不動産サイトによっては契約が決まると数万円分がキャッシュバックされるところもありますので、そのようなサイトを利用するのも一つの方法です。ただし、他の不動産サイトに比べ家賃が高く設定されているケースもありますので、複数のサイトを比較することが大切です。

安い家賃で良い物件を探すコツ

安い家賃で良い物件を探すためには、いくつかのコツが必要です。

1. 優先順位を決める

家賃が安いということは、建物が木造、駅から遠い、築年数が古い、1階、風呂トイレ同室など何かしらの理由があります。全てにおいて質の高い物件を安い家賃で探すのは不可能だと考えておきましょう。家賃を安く済ませるためには、何かしらの条件を妥協しなければなりません。

例えば、電車通勤ではなく車通勤の人は、駅からの距離にこだわる必要はありませんよね。そのような場合、駅から離れた物件を選ぶことで家賃を抑えることができます。また、駅から遠い物件であっても、徒歩25分程度までであれば自転車で通うことも十分可能です。毎月の駐輪場代をプラスしたとしても、駅近の物件に比べ家賃を大幅に下げることができます。

家賃は下げたいけれど防音にはこだわりたい!という人は、鉄筋コンクリートの物件を選ぶようにしましょう。防音性は

鉄筋コンクリート>鉄骨造>木造

の順番で高くなっています。希望する家賃内に鉄筋コンクリートの物件がない場合は、最上階・角部屋の鉄骨造や木造を選ぶことで防音性を高めることができます。

駅近の物件を重視するのであれば、築年数や建物の材質は妥協した方がいいでしょう。築年数の古い木造アパートなら、駅近でも家賃が安く設定されている物件がたくさんあります。

また、快速や急行が停車する駅かどうかでも家賃は数千円~1万円程度変わります。数分しか違わないのであれば、快速や急行が停車しない駅を中心に探してみましょう。

2. 引っ越しの閑散期を狙う

引っ越しの繁忙期は、みなさんご存知の通り3月ですが、早めに探す人も多いため12月~3月は物件の動きが激しくなり、良い物件はすぐに契約が決まってしまいます。また、この時期は繁忙期ということもあり、引っ越し料金が高く設定されているため、引っ越し作業にも高額な費用がかかってしまいます。

もし引っ越し時期を選べるのであれば、5月~8月の閑散期がおすすめです。この時期は物件が決まりにくくなり、良い物件が残っている可能性が高いです。また、空室が残ってしまう不安からオーナーさんが焦り始める時期でもあるため、条件交渉をしやすくなるのです。

実は、交渉次第では家賃や礼金の減額に応じてもらえるケースがあります。礼金は敷金と違い手元に一切戻って来ない費用ですので、可能であれば減額してもらえないか交渉してみましょう。空室が目立つ物件の場合、交渉次第で家賃を数千円程度下げてもらえるケースもあります。

3. いきなり不動産屋へ行かない

物件探しとなると、まずは不動産屋で相談しようと考えますよね。しかし、不動産屋へ直行してしまうと、紹介された数件の中から選ぶことになるため、選択の幅が狭まってしまいます。今はネットで物件を探すことができますので、まずは地域の家賃相場を調査し、不動産サイトを利用して事前に物件を探しておきましょう。時間をかけて調べ、良い物件が見つかったら不動産屋で相談してみる、という流れがおすすめです。その際、一つのサイトではなく複数のサイトを併用して探す方が、より良い物件を見つけやすくなりますよ。

マンスリーマンションを検討してみよう

引っ越し後の居住期間が一ヶ月~二年未満と短い場合は、マンスリーマンションを検討してみるといいかもしれません。部屋に家具家電が付いているため、引っ越しにかかる費用を大幅に削減することができます。

ただ、マンスリーマンションは運営会社によって料金形態が異なるため、家賃以外にどのような費用がかかるのか確認しておくことが大切です。

新潟ステーションハイツは敷金・手数料不要で初期費用は家賃8万円+クリーニング代1.5万円のみとなっています。明朗会計のマンスリーマンションなら、毎月の支出の計算がしやすいため安心して利用することができますよ。