護衛艦ひゅうが見学@新潟東港ー新潟港開港150周年記念イベントにて

来年1月1日に新潟港は開港150年を迎え、イベントが多く企画されています。
特に「海の日」の連休から始まる「海フェスタにいがた」では、歴史・海水浴場・水族館・信濃川河口・船舶・海祭り等など、盛りだくさん。

この中の一つ、護衛艦「ひゅうが」が新潟東港で一般公開され、見学してきました。

新潟市内からは国道7号線のバイパス・蓮野インターからのアクセスです。この日は全国的に酷暑となり、車を降りてから乗船までの約50分は、厳しい日差しにされされながらの行列でしたが、目の前に全長197mのヘリコプター搭載の巨大船(まるでプラモデルのよう)を見ながらなので、それほどの苦にもならず、フレンドリーな自衛隊員が話しかけたりしてくれるので、むしろワクワク感が湧いてきます。

 

船内とエレベータ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

船の甲板

 

 

 

 

 

 

グッズ販売コーナーも。

 

よこすか海軍カレーパンは、船の箱に入って4個で600円。
普通の山崎パンより、きりっと辛めでした。