新潟市のおもしろスポット#4:天寿園の足つぼアート&ろくろくび

サッカースタジアム・ビックスワンの斜め向かい、新潟市中央区清五郎にある「天寿園」

中国の歴史と伝統を華やかに表現した「中国庭園」と、瑞々しい日本の四季を見せる「日本庭園」との調和という、格調高い公園です。そして無料。

「中国庭園」は、極彩色の建物をはじめ中国庭園の要素が盛り込まれており、中国人による設計・施工、素材も中国から全て取り寄せられた本格中国庭園、そして、「日本庭園」は池や滝といった伝統的な日本庭園に樹木・花がふんだんに植えられ、季節感を味わえる、というわけで、新潟市民の憩いスポットです。

 

この格調高い公園に、水と大地の芸術祭2015から、ろくろくびが登場しています。もちろんアート作品であり、行方の分からない「清五郎さん」を探す「お六さん」です。

格調高い公園と思っていただけに、やや殴り込み感も無いわけではない。。。
またアートと分かっていても、明るい時間に行った方がいいですね。

元々はこのように伝統と格式の公園で、日中調和!

            

下は今年の水と大地の芸術祭2018のアート作品(有料:300円)で、足つぼ。
石に漢字が書かれて、楽しさが伝わってきます。

   

日中の伝統建築の融合だけでもユニークですが、チョッとした遊び心があって、更にメリハリがある公園に仕上がっています!