病院通院や付添いでのマンスリーマンション利用例

病院の通院や付添いに、マンスリーマンションを利用してみてはいかがでしょうか。通院予定の病院が遠い場合や、家族の付添いで病院に通う必要がある場合など、自宅から通うのが難しいというケースもあるかと思います。

そんな時は、無理に自宅から通おうとせずに、マンスリーマンションを借りてそこから通院してみてはいかがでしょうか。通院・付添いでのマンスリーマンション利用例と、新潟市の通院圏内にある医療施設をお伝えします。

マンスリーマンションの利用例

1. 通院のための利用

病院で治療をする際に、通院か入院かを選択できるケースがあります。病院が自宅から遠い場合などは、入院を選択すれば通院をする必要はなくなります。しかし、普通の生活を続けたい方や体力を維持したい方は、入院に少なからず抵抗を感じてしまうのではないでしょうか。

「できれば自宅から通院したいけれど、自宅から病院まで距離があるため、頻繁に通うことは難しい……」そう悩んでしまうこともあるかもしれません。

もし通院をご希望でしたら、病院の近くにあるマンスリーマンションを利用してみてはいかがでしょうか。病院へのアクセス圏内であれば、通院で体力を消耗する心配はありません。

マンスリーマンションならマンションの一室をまるまる利用できますので、自炊や洗濯などもでき、自宅にいるような気分で日常生活を送ることができます。

2. 家族の付添いで利用

家族が入院や通院をする際に、付添いが必要になることがあります。自宅から通える距離であればいいのですが、病院が遠くにある場合、自宅から毎日のように付添いするのは困難です。

かといって付添いをしないというのは不安ですし、できればずっと側にいたいと思うこともあるでしょう。

自宅から遠く付添いが困難な場合は、マンスリーマンションから通う方法もあります。病院の近くあるマンスリーマンションなら、病院への往復で体力を消耗する心配はありません。

万が一家族の体調が急変した場合でも、すぐに病院へ駆けつけることができるというのは大きな安心材料になるはずです。

3. 専門的な検査を受けるために利用

治療の難しい病気や症例の少ない病気、個人病院では病名がわからない病気などの場合、国立・公立病院・大学病院などでより専門的な検査を受ける必要があります。

しかし、アクセス圏内に大病院がないようなケースでは、検査を受けるために病院へ通院するだけでも体力を消耗してしまいます。さらに複数の病院で検査を受けなければならない場合は、検査を受けに行くだけで労力と時間を消費してしまいます。

病気の専門性を問う場合、アクセス圏内に大病院がない地域であれば、自宅から病院へ通うより、マンスリーマンションを借りてそこから通う方が心身ともに負担を減らすことができます。

新潟市に限らず、大病院が複数存在するような主要都市・中核都市のマンスリーマンションを利用することで、通院にかかる手間や負担が大幅に軽減されるはずです。

4. 里帰り出産での利用

通院や付添いの他に、マンスリーマンションの利用を検討していただきたいのが里帰り出産です。里帰り出産では、出産前から産後しばらく実家で生活するのが一般的ですが、中には実家で過ごすことが難しいケースもあります。

例えば、家族と仲が悪いわけではないけれど、ずっと一緒に過ごしていると気疲れしてしまう、という方もいるでしょう。いざという時は家族が近くにいてくれた方が安心だけれど、自宅で毎日一緒に過ごすのは難しいと感じる方もいます。

そのような場合、病院のアクセス圏内にあるマンスリーマンションを借りることで、不安が解消されるケースが多いです。
実家からも病院からも近いマンスリーマンションで生活すれば、家族といつでも会うことができますし、何かあった時すぐに病院で診てもらうこともできます。

マンスリーマンションはその日からすぐ生活できるように家具家電が備え付けられていますので、ストレスフリーで過ごすことができます。セキュリティが不安な場合は、オートロック付きのマンスリーマンションを選ぶと安心ですよ。

新潟市から通院できる大病院

新潟市のような中核都市のアクセス圏内には、様々な大病院が拠点を構えています。
新潟市からアクセスする場合、対象エリアは主に以下のとおりです。

・エリア:新潟県内全域、福島県会津地方、山形県酒田、鶴岡、小国地方

・新潟市の主な大病院(新潟ステーションハイツの利用例あり)
新潟大学医歯学総合病院・新潟県立がんセンター・新潟市民病院

新潟駅は交通の便が良く、乗り入れ路線は信越本線・白新線・越後線の3つが通っています。また、上越新幹線の終点でもあるため、新潟県内にとどまらず様々な地域へ簡単にアクセスすることが可能です。

「病院が遠く、通院が大変。でも病気を治療するためには我慢するしかない……」そう諦めてしまっている方もおられるでしょう。また、最初の頃は通院があまり負担に感じなかったとしても、治療を続けるにつれ副作用が強くなり、通院が難しくなってしまうケースもあります。

あまりに負担が大きいようであれば、病院の近くにあるマンスリーマンションを借りてみるのが良いかもしれません。ホテルのようにフロントを通る必要がなく、一室をそのまま借りることができるためプライバシーも守られます。

心のリフレッシュにもなりますので、通院・付き添い・里帰り出産などに、マンスリーマンションの利用を検討してみてくださいね。