マンスリーマンションで就職活動・受験勉強に集中

マンスリーマンションのイメージといえば、まずビジネスマンの出張利用が思い浮かびますが、近年は就職活動や受験勉強のために集中できる環境を求めて、一時的に自宅を離れマンスリーマンションを利用する方が増えてきています。

就職活動

これからの人生を左右する大切な就職活動。滞りなく進めるためには、活動の拠点となる場所が必要になりますが、試験や面接のたびに地方から都心へ移動する場合は交通費が嵩みます。

就職活動が本格化してくると訪問する企業が増えてスケジュールが密になり、頻繁に長距離移動が発生しがちで、拘束時間が長くなります。このような場合にはマンスリーマンション利用の検討をしてもよいでしょう。就職活動の中心地に身を置けば、フットワーク軽くすばやく行動がとれます。

逆に都会の大学を卒業し、Uターン就職やIターン就職などで地方や地元へ戻り働きたいという学生も増えてきています。そういった場合も同様にマンスリーマンションを利用するメリットがあると言えます。

他にも、学生時代までは地元で親元と同居の場合ならば、新しい環境で初めて一人暮らしをする練習ができるので、社会人になってからの生活イメージもつきやすいものです。

マンスリーマンションを利用し、就職活動に集中できれば、自宅にいるよりも良い環境と言えるかもしれません。ビジネスホテル滞在も考えられますが、就職活動が長期間に渡る場合は、1か月以上の利用を前提としたマンスリーマンションのほうがコスト面で有利の場合が多いはず。

加えて自宅同様にリラックスできるので、集中力を保ち、冷静に落ち着いて行動することで、正確な判断ができることでしょう。サービス面では自宅にネット環境が整っておらず、マンスリーマンションを利用し就職活動がはかどった、という声もあります。

いずれにしろ、活動拠点をしっかり構え、余裕を持って就職活動に打ち込めれば、よりよい結果に繋がります。

 受験勉強 

大学を受験するにあたり、実家を離れマンスリーマンションを利用するというケースがあります。高校の夏休みを利用して夏期集中講座に参加したり、受験期には当日まで希望する大学の近くで暮らしながら受験勉強をする事になります。

ビジネスホテル滞在が長期の場合に、外食やコンビニ食が長く続くと体調を崩してしまう心配があります。マンスリーマンションであれば、多くはキッチンが備わっていますので、自炊が可能。体調管理にもなりますし、もしご家族の方が付き添いサポートがある場合は、更に心強いものです。

自宅と同じように生活し、受験に集中できる環境は強みになります。

特に自宅から遠隔地の大学を志す場合、その地で少しでも暮らして慣れていてば、受験当日の緊張感も違ってきます。当日朝、早くから電車に揺られて会場を目指すのは、緊張感を増すものです。

前日入りでホテルに泊まるのも、慣れない場所と緊張でなかなか眠れず、受験で力を発揮できなかった、、という話も耳にすることがあります。

入学前に大学周辺を知ることができるは、モチベーションにもつながりますし、ご家族の方も自分の目でその地を確認し安心できるのは、更によいですね。

受験期間にマンスリーマンションを利用するもうひとつのメリットは、入試期間と大学在学中のつなぎや新生活への準備期間としても利用ができる点です。

入学が決まってから実際に大学へ通い始めるまでは、思っているよりも期間が短い。そんな中で、新居を探すというのはかなりの労力を使いますし、賃貸市場も繁忙期で、希望通りの物件に巡り合うのは至難の業。

大学周辺のマンスリーマンションに住むことにで大学周辺の環境・土地勘を確かめたうえで、5月のゴールデンウィーク頃に賃貸市場が落ち着き、また自分でもある程度周辺情報を把握できるようになってから、ゆっくりとお部屋探しをして住み替えるという活用法もあります。

毎年2~4月頭迄のピークが去ってからの一般賃貸市場は、礼金が安くなったり1ヶ月分の家賃がサービスになるなどお得な場合もあります。マンスリーマンションをうまく利用すれば大学生活はスムーズにスタートすることができますね。