自宅のリフォーム・建て替え時にも便利!マンスリーマンションを仮住まいに

一戸建てに住んでいる方は、ある程度築年数を重ねると、建て替えやリフォームをされる方が多いと思います。数日で終わることはほとんどないため、短期的に仮住まいを用意しなければなりません。

そんな仮住まいにもぴったりなのがマンスリーマンションです。利用する一番のメリットは、入居までの初期費用の安さがあげられます。

いざマンスリーマンションに仮住まいをしよう!と決意しても、物件選びに迷ってしまうでしょう。そこで、マンスリーマンションを探す際に押えておくべきポイントについてまとめます。

仮住まいの物件として、マンスリーマンションの他に、賃貸物件・ホテル・ウィークリーマンションなどがあります。どれを選べばいいか迷う人も多いと思いますが、選ぶポイントは「住む期間」と「家族構成」です。

《賃貸物件》

一般的な賃貸物件の場合、敷金礼金に加え、保険や鍵の交換費など、さまざまな費用が発生します。仲介手数料も合わせると、初期費用に単身用物件でも平均約40万円ほどかかります。

もちろんその分手続きに時間もかかってしまいます。マンスリーマンションは入居費用が安く抑えることができ、短期的な住まいとして利用しやすいサービスです。

もちろん毎月の賃料だけを見れば賃貸物件のほうがお値打ちな場合も多いです。ただ初期費用がかかるという点と仮住まいの期間を考えて、どちら安く済むのか計算してみると良いでしょう。

ただ、賃貸物件というのは基本1年~2年単位の長期利用のために貸し出しています。そのため短期の賃貸を取り扱っている不動産会社は少なく、最適な物件を見つけるのは困難です。

それに対してマンスリーマンションは物件数が多いので、部屋が見つからないという心配はありません。数ある物件の中から自分の仮住まいに適した部屋を見つけやすいです。

《ホテル》

ホテルを借りる場合、家族が多ければ一部屋だけ借りるには狭いですし、部屋をいくつか借りるとなると費用がかさんできます。ホテルも短期間の滞在にはおすすめですが、ウィークリーマンションとは反対に、期間が長くなると宿泊費用がどんどん高額になっていきます。

キッチンがないため、自炊ができず外食になりますし、洗濯もコインランドリーを利用することになるので、その分の費用もかさみます。一人ならまだしも、家族全員で数ヶ月間外食なんて想像しただけでも恐ろしいですよね。

マンスリーマンションであれば、自宅と同じように過ごすことができるので、もちろん料理もできますし、備え付けの洗濯機で洗濯もできます。狭いホテルの部屋で何ヶ月も過ごすなんて、ストレスが溜まってきてしまいますが、マンスリーマンションでは自宅のようにくつろぐことができる点もおすすめです。

《ウィークリーマンション》

ウィークリーマンションは単身者向けの物件が多いので、部屋も狭いし、借りられる期間も短いので、部屋探しが困難です。家族そろっての仮住まいともなれば、ある程度の部屋数や広さが必要となってきます。

家具や設備についてもやはり長期間過ごすことを考慮して、マンスリーマンションのほうが豊富でしっかりしている場合が多いです。また、週単位で借りるよりも、まとまった期間借りたほうがコストパフォーマンスは良いので、リフォームに時間がかかるようであれば、マンスリーマンションで月単位の契約をするほうが良いでしょう。

以上が、仮住まいができる物件の紹介です。マンスリーマンションのメリットが伝わりましたでしょうか?

実際に仮住まいを必要とする期間と場所などを考慮して、マンスリーマンションの使用を決めてみてください。

家族を伴う仮住まいの場合、マンスリーマンションを使用した方が、結果的にコストパフォーマンスが良かったという声も多く聞かれますので、ぜひ参考にしてみてください。