ビジネス長期出張・研修で強みを発揮するマンスリー利用

20年くらい前は余りに耳にすることの少なかった「マンスリーマンション」ですが、最近は徐々に認知度が上がって、その存在を知られるようになり、ビジネスマンの長期出張や研修では当然のように選択肢の一つになってきました。

使われ方も実にいろいろありますが、マンスリーマンションの管理人をしていると、お客様がなにか新しいことや、変化があった時と、「節目」でご利用をいただいていると、感じることがあります。

使われ方も実にいろいろありますが、例えば下記のような、お客様がなにか新しいことや、変化があった時と、「節目」でご利用をいただいていると、感じることがあります。

・新ビジネス立ち上げ・店舗の新規開店
・転勤・転職に伴う転居
・家庭問題

何かの変わり目に、比較的急いで、方向転換が必要になり、「それでは、一旦引越しいたしましょう・・・」となる場合もあるでしょう。

心機一転、新しい環境が始まるにあたり、住居のことに十分に時間を取れない、引越しに時間を割けない、ほんのわずかな間だけ、先の詳細は未定、または先々不透明等などもあるでしょう。

こんな時は、仕事であれ、学業であれ、プライベートであれ、引越しに割く労力・時間を出来るだけ省力したいのが本音かもしれません。

家具家電付き、敷金礼金不要、かばん一つで入居、マンスリー(月単位)で借りることのできる「マンスリーマンション」は、そんな時こそ時間的にも費用的にも役に立ちます。

自分自身を振り返ってみても、もしも「マンスリーマンション」を身近に知っていたら、少し省力出来たのではという経験があります。

費用面で、1か月程度利用でビジネスホテルとマンスリーマンションを比べると、ビジネスホテルの長期プラン(日々レートが変わり、特に週末は相当高値になるらしい)を使ったとしても、マンスリーマンションにメリットがある場合が多いのです。

またスケジュールが流動的で、例えば仕事がどこまで続くかハッキりしない場合には、契約を延長できるマンスリーマンションなら安心です。

中には、入居時に期間分全額支払う必要のある物件や、延長する毎に手数料が発生する物件もあるので、選ぶ際に十分な確認が必要です。