マンスリーと一般賃貸マンションとの比較

1ヶ月単位で賃貸契約する短期入居者向けのマンションのことを「マンスリーマンション」と言います。

1ヶ月単位で契約する際に、なぜ通常の賃貸マンションではなく、マンスリーマンションを選ぶのか疑問に思われた方もいらっしゃるかと思います。

また、一般的な賃貸マンション契約での入居とは何が違うのかよくわからないという方もいらっしゃると思います。

ここではそんな疑問に簡単にお答えしてみます。

マンスリーマンションと一般的な賃貸借契約でのマンション賃貸契約に関しましては、大きくは下記二つの違いがあります。

1.家賃が1ヶ月単位であるが故に若干高く設定されているが、敷金・礼金が発生しない。
2.日常生活に必要な家具家電などがあらかじめ備え付けられている

3ヶ月入居するのか、半年入居するのか等の期間によって費用総額は異なりますので、一般賃貸契約とマンスリーマンション契約とで、あらかじめ利用者様の方でどちらが有利か、費用計算をしておいていただくことが必要になります。

このような計算が面倒な方は、直接貸主の管理人や管理会社にお尋ねすると良いでしょう。

ただし、ここで注意すべきは、通常の賃貸マンション契約ですと、基本的には「2年契約」が標準となっているということです。

一般的なマンスリーマンションの利用者の状況は?

ここで、一般的なマンスリーマンションの利用者状況を見てみましょう。

特に利用頻度が高いのは、ビジネスマンの長期出張や単身赴任などの法人契約で借りられるケースです。

法人契約以外には、持ち家のリフォーム工事の期間中利用や、専門学校への通学のため、長期開催されるセミナーへの参加のため、海外からの一時帰国用の滞在先として、また病院への通院や付き添いのための入居など、様々な個人利用のケースがあります。

月々の家賃の差額等初期費用である敷金や礼金や物件仲介費用との差額で、どちらの物件がお得なのかを計算する必要があります。

また、一般賃貸マンションの方が費用的には低く抑えられたとしても、基本契約期間である2年未満の場合、ペナルティとして追加費用が契約解除後に発生しないのかどうか?などにも気を配っておく必要があります。

そう考えると意外と使えるマンスリーマンションの一側面が見えてくるのではないでしょうか。

最後に、やっぱり家具家電など生活に最低限必要なものが付いているというのは、余分な家電購入費用が発生しない分、家賃が多少高くてもお得だと感じる方は多いようです。