地方で一時滞在のマンションを探す時のポイント

一般的にマンスリーマンションは都会に需要があるものですが、時には、地方社会の中でもマンスリーマンションが必要な場合があります。

例えば、インフラ整備・公共施設といった工事や建設など技術系の仕事での滞在の他に、工場での勤務、または郊外にある病院へ通う場合の滞在など、意外とニーズが多くあります。

地方で暮らしますと、そこは車社会、買い物やレジャーへも車で出かけることが多く、周囲に商業施設がほとんどないような場所であれば、自家用車がなければ生活面で困るのです。

「ウィークリーマンションやマンスリーマンションの検索サイト」では、「市町村名」や「路線」といった目的地にピンポイントで検索を開始するものが多くあります。

そのため、つい目的地に近い駅名や市町村名を入力して検索しがちですが、実は落とし穴があります。

1.路線検索・・・地方都市では公共交通機関が都会と同じ頻度は期待できないため、都会と同じように電車が頻繁に来るイメージを持っていると1時間間隔でしか電車が来なかったり、終電が21時頃といった場合も考えられます。

2.市町村名検索・・・目的地が郊外の場合は、そもそも物件数が非常に少ないため、短期入居可能の物件が見つからないかもしれません。

地方都市でも県庁所在地や商業活動が盛んな街には、歩いて買い物に出かけられたり、飲食店が沢山あったり、ホテルや一時滞在用マンションがあったりと、「都市部」が存在します。

このような「地方の都市部の商業地」は、映画館やコンサートホール、コンビニやディスカウントストア、ブランド品を扱うショッピングエリアまであり、人口の割には充実した場所が多いものです。

郊外と郊外を結ぶバイパス道など道路が整備されていれば、移動は便利になります。

田舎で長期の宿泊をする場合、もし目的地までの幹線道があるのならば、「田舎の都市部」の物件を選ぶのもおすすめできます。

目的地から少し距離があっても、幹線道路で郊外へ向かうケースでは長い渋滞もなく、時間ロスもそれほどでもないので、生活面を含めて考えると、「田舎の都市部」は何かと便利で快適です。

地方で一時滞在するようなことがあれば上記のようなことも是非ご参考にされてみてください。

特に商業地は都会暮らしと変わることが少ないため、何かと滞在しやすいものです。

1ヶ月以上の長期滞在の場合は、快適な住環境とともに、滞在場所の周りの環境も考慮に入れて決めることがおすすめです。