マンスリーマンションの料金体系

マンスリーマンションの料金体系は、わかりやすいのが魅力

マンスリーマンションを利用するうえで、特に気になるのが費用ではないでしょうか。まず初めに予算を決めて、予算の範囲内で物件を探すという方もおられるかと思います。

しかし、マンスリーマンションは一般的な賃貸物件とは料金体系が異なります。そのため、どれくらいの予算を組めばいいのかわからず悩んでしまうこともあるでしょう。そこで今回は、マンスリーマンションの料金体系について実体験を交えながらお伝えしていきます。

賃貸物件とマンスリーマンションの料金の違い

賃貸物件を探すとき、ほとんどの方はおおよその家賃を事前に決めておきますよね。「家賃6万円以下」「家賃5万円~7万円の間」など、予算の決め方は人によってそれぞれです。

賃貸物件の場合、ひと月にかかる料金は家賃と共益費(管理費)の二つ。家賃と共益費を合わせた金額を、毎月不動産会社に支払う形になります。この決められた家賃を一ヶ月ごとに支払うという仕組みは、賃貸物件もマンスリーマンションも変わりません。

しかし、マンスリーマンションの場合、家賃の中に共益費や光熱費がすべて含まれているケースが多いです。光熱費込みの物件であれば、電力会社やガス会社に別途使用料金を支払う必要がありません。私は賃貸物件もマンスリーマンションも両方利用した経験がありますが、光熱費の心配をすることなく生活できるというのは非常に魅力的でした。

初期費用にも大きな違いが!

また、賃貸物件とマンスリーマンションは初期費用にも大きな違いがあります。賃貸はほとんどの物件で敷金を払う必要がありますし、家賃1~2ヶ月程度の礼金がかかることも珍しくありません。敷金は退去時に修繕費として引かれますが、残った金額は手元に戻ってきます。しかし礼金は謝礼として支払う金額ですので、戻ってくることはありません。

その他にも仲介手数料が必要になることも多く、保険料などを合わせると家賃の4~7倍の初期費用がかかることになります。家賃5万円の物件の場合、最初に支払う費用が20~35万円になると考えると、負担は相当なものですよね。

では、マンスリーマンションの初期費用はどれ程になるのでしょうか。

マンスリーマンションの場合、賃貸のような敷金・礼金は必要ありません。一般的に、初期費用として必要なのは手数料・鍵交換費・抗菌施行費などです。そして、賃貸にはない「清掃費」を事前に支払うのが一般的です。

清掃費とは、賃貸物件を退去する時に支払う修繕費のようなもの。賃貸の場合は修繕費がいくらかかるのか退去時でないとわかりませんが、マンスリーマンションの場合は事前に決まった金額を支払うことになります。先に清掃費を支払うことで退去時に支払いを一切しなくて済むというのは安心できるポイントです。

私は賃貸物件を退去する際、修繕費が大きく膨らんでしまった痛い経験があるため、退去時の費用がゼロ円で済むというのはとても魅力的でした。

そして魅力的なポイントはそれだけではありません。一般的なマンスリーマンションには生活に必要な家具・家電が備え付けられています。そのため、賃貸物件に住む時のように自分で家具家電を揃える必要がありません。特に家電は購入すると大きな出費になりますから、購入せずに済むというのは初期費用を抑えたい人にとってありがたいですよね。

料金が明確でわかりやすいのがマンスリーマンション

ほとんどのマンスリーマンションは、清掃費や鍵交換費などがホームページ上に記載されています。そのため料金の計算がしやすく、おおまかな初期費用を事前に知ることができます。部屋を借りるうえで初期費用は非常に重要ですから、明確に料金がわかると部屋探しがはかどりますし安心できますよね。

家賃は一般の賃貸物件より割高となっていますが、そのぶん光熱費はかかりませんし、一ヶ月単位で契約ができるため気軽に利用することができます。短期~中期で借りられる部屋をお探しの方は、マンスリーマンションを候補の一つとして検討してみてくださいね。