マンスリーマンションで家賃以外に係る費用

初めてマンスリーマンションを利用する方は、家賃以外にどれくらいの費用がかかるのかわからず、不安に感じてしまうこともあると思います。たとえ家賃が安くても、それ以外の費用が大幅に増えてしまうと安心して利用することができないですよね。

このページでは、マンスリーマンションを借りる際に必要な家賃以外の費用についてお伝えしていきます。今後のお部屋探しにぜひお役立てください。

マンスリーマンションの初期費用

まず、マンスリーマンションを利用するうえで考えなければならないのが初期費用です。まとまったお金が必要になるため、どれくらいの初期費用がかかるのかを事前に知っておく必要があります。

一般的な賃貸では契約時に家賃1~2ヶ月分の敷金を支払いますが、マンスリーマンションの場合は敷金がかかりません。その代わり、部屋を清掃するためのハウスクリーニング代が発生します。

ハウスクリーニング代の相場は不動産業者によって異なりますが、1万円~3万円程度のところが多いようです。初期費用の中に含まれるケースがほとんどですが、中には30日ごとに清掃料金が発生する業者も存在します。私が利用した大手のマンスリーマンションもこのタイプでした。

そしてもう一つ、初期費用として発生するのが鍵の交換費用です。鍵交換費は1万円~2万円ほどが相場となっていますが、鍵交換費を支払う必要のない業者もあります。

その他には利用手数料(契約手数料)や保証金が必要となるケースもありますので、よく確認しましょう。ハウスクリーニング代・鍵交換費・手数料のすべてがかかる場合は、賃料の他に5万円程度用意しておくと安心です。

家賃以外に毎月かかる費用

初期費用の他に、毎月の賃料を支払う必要があります。賃料はひと月単位や30日単位、日割りなど業者によって計算方法が異なります。また、契約時に前払いできるケースもあります。

毎月の家賃以外にかかる費用としては、次のようなものがあります。

・光熱費(水道・ガス・電気)
・管理費
・駐車場代
・インターネット利用料
・ライフサポートサービス など

まず光熱費ですが、マンスリーマンションの場合は家賃に含まれているケースが多いですね。家賃とは別に光熱費として毎月一定額を支払う必要のある業者も存在します。

光熱費の契約は不動産業者によって異なり、水道代・ガス代が家賃に含まれ、電気代のみ自身で契約するところもあります。部屋を借りるにあたりライフラインは欠かせないものですので、光熱費の支払い方法を事前によく確認しておきましょう。

インターネット利用料も、光熱費と同様に家賃に含まれているところと別途契約が必要なところがあります。インターネットの利用を検討している方は、こちらも事前に確認することをおすすめします。

管理費やライフサポートサービスは一部の業者でのみ発生する費用で、私が利用した大手マンスリーマンションでは、毎月約4000円のライフサポートサービス料が発生しました。これは火災保険などを含んだ総合サービスの料金です。このように、業者によって家賃以外にかかる費用は異なりますので、契約する前によく調べておきましょう。

退去時に費用がかかるケースも

マンスリーマンションは清掃費や鍵交換費を前払いするため、基本的に退去時には費用が発生しません。しかし室内備品や設備などに破損・毀損が見られた場合は、修繕費の支払いが必要になるケースもあります。

あくまでマンスリーマンションも賃貸の一種ですので、破損や毀損にはくれぐれも注意してください。とはいえ、常識の範囲内で生活する分にはハウスクリーニング代以上の費用がかかることは基本的にありません。入居時に備品や設備に不具合が見つかった場合は、放置せず不動産業者に伝えるようにしましょう。