社員の長期出張時にマンスリーマンションの法人契約

社員の出張、研修、単身赴任などで、急遽賃貸物件の契約が必要になることもあるでしょう。しかし、物件探しや契約手続きなどの業務は担当者の負担が大きく、経費の増加にも繋がります。

「総務部や管理部の業務負担を減らし、経費を抑えたい……」そんな時は、マンスリーマンションの法人契約を利用してみてはいかがでしょうか。

負担と経費を減らせるマンスリーマンション

長期出張中の滞在先には、ビジネスホテル、賃貸物件、マンスリーマンションなどがあります。ビジネスホテルはカバン一つで宿泊でき、面倒な手続きも必要ありません。そのため短期出張先としてよく利用されていますが、宿泊費用がかさむことから長期滞在にはあまり適していないと言えます。

一方、賃貸物件は一ヶ月あたりの家賃が比較的安いため、賃料のみに着目すれば経済的負担はそれほど大きくありません。しかし、賃貸物件は家賃とは別に契約手数料、敷金、礼金などのイニシャルコストが発生します。また、必要な家具家電が備え付けられていないため、これらの備品を購入するための費用も必要になります。

さらに、賃貸には契約期間が定められていることが多く、契約期間未満で退去した場合、違約金を支払わなければならないケースもあります。賃料が抑えられたとしても、その他の費用がかさむため、結果的に経済的負担が大きくなってしまう可能性が高いのです。

マンスリーマンションなら、通常は賃貸のように敷金・礼金を支払う必要はありません。また、一般的な賃貸物件の契約期間が2年からなのに対し、マンスリーマンションは一ヶ月から借りることが可能となっています。また、家具家電が備え付けられているため別途用意する必要がなく、入居当日から快適に過ごすことができます。

インターネットや電話・ファックスで入居手続きをするケースも多くあり、事前の来店不要で契約できる運営会社を選べば、物件探しや契約手続きの負担を大幅に減らすことができるでしょう。

長期出張にマンスリーマンションを選ぶメリット

長期出張の滞在先にマンスリーマンションを選ぶメリットには、次のようなものがあります。

・利便性

出張中、急なスケジュールの変更や利用期間の変更などが生じた場合、賃貸物件では対応できない可能性があります。前述の通り賃貸物件には契約期間が定められているため、利用期間が変更になり早期退去することになった場合、違約金が発生してしまう恐れがあるのです。

一方、マンスリーマンションは30日や一ヶ月単位の契約となることが多いため、利用期間が変更になった場合でも費用の無駄が生じにくいというメリットがあります。また、退去手続きが簡単で引っ越し作業の手間がかからないため、出張先の変更にもフレキシブルに対応することができます。

・価格

マンスリーマンションは部屋に家具・家電が備え付けられていますので、別途買い揃える必要がありません。大きな荷物の移動がないため、引っ越しにかかる費用を省くことができ経済的です。敷金・礼金不要で初期費用を抑えられ、コストダウンにも繋がります。

また、修繕費がかからないため退去時の出費がなく、費用の計算がしやすいというのもマンスリーマンションのメリットです。
※備品に著しい損傷が見られる場合、別途修繕費を請求されるケースがあります。

・シンプルな手続き

賃貸を契約するためには、不動産屋に来店し必要書類を提出する必要があります。法人契約も一般契約と同様に審査が必要であり、会社概要書や法人の印鑑証明書など、いくつかの書類を用意しなければなりません。借りる予定の部屋が会社から離れている場合、遠征が必要となるため手続きに時間がかかってしまいます。

マンスリーマンションの場合、賃貸のような複雑な手続きを要するところは少なく、メール・電話・ファックス・郵送で手続きが完了する運営会社も増えてきています。来店せずに契約ができれば、担当される管理部門の時間や手間が省けるため業務の負担軽減にも繋がります。

マンスリーマンションのニーズ・利用例

法人契約でのマンスリーマンションは、出張時の滞在先に限らず多目的用途に活用することができます。

・研修やプロジェクトの際の拠点に

研修やプロジェクトなど、社員の一時的な拠点としてご利用いただけます。急遽スケジュールが変更となり、滞在期間が延長が必要になった場合でも、マンスリーマンションなら柔軟に対応できます。

・新規出店など、準備期間中の滞在的に

新エリアに新規出店する場合、準備期間中の滞在先が必要になります。来店不要で契約可能なマンスリーマンションなら、滞在先を手配する手間を省くことができます。

・展示会やイベント時の宿泊先に

展示会やイベントなど、全国各地で短期間の滞在が必要になる場合でも、簡単に契約手続きができるマンスリーマンションなら安心です。

・海外研修生の滞在先に

家具・家電付きのマンスリーマンションなら、入居した当日から快適に過ごすことができます。荷物はカバン一つで済みますので、海外からの研修性の滞在先にもぴったりです。

リーズナブルで手続きが簡単なマンスリーマンションなら、手続きにかかる時間と負担を減らすことができます。さらに、敷金・礼金0円で料金が明確なマンスリーマンションを利用することで、大幅な経費の削減にも繋がります。個人契約はもちろん、法人契約でもぜひマンスリーマンションをご活用ください。