18年6月に施行される民泊新法とは何か。マンスリーマンションとの違いは?

2018年6月15日、民泊新法(住宅宿泊事業法)が施行されます。これに伴い、業者だけでなく個人でも民泊を運営しやすくなりました。オリンピックに向けて民泊の需要はますます増加すると考えられます。

今までマンスリーマンションやウィークリーマンションを利用していた人たちが、民泊の利用を検討する機会も増えるかもしれません。そこで今回は、用途に適した宿泊先を選択できるよう、民泊とマンスリーマンションの違いについて詳しくお伝えしていきます。

民泊新法(住宅宿泊事業法)とは?

民泊新法(住宅宿泊事業法)とは、簡単にいえば個人宅でも民泊が行えるようになる法律です。民泊の運営自体は今までも行うことができましたが、そのためには、旅行業法の一つ「簡易宿所営業」の許可を取る必要がありました。

しかし、すべての民泊を行政が把握することは難しく、無届のまま民泊を続ける業者や個人が野放しの状態になっていたのです。その結果、民泊運営者への管理が行き届かず、騒音やゴミの散乱や治安への懸念などが原因で近隣住人とトラブルになるケースが相次いで発生しました。

また、民泊はホテルなどの宿泊施設より安く提供しているところが多く、宿泊施設の経営圧迫に繋がっていることも問題になっていたのです。これらのクレームが行政へ寄せられるようになった結果、民泊新法が施行されることになりました。

民泊新法にはいくつかの特徴があります。

民泊新法が施行される前までは簡易宿泊営業として運営されていたため、民泊の営業日にこれといった規制はありませんでした。しかし民泊新法では営業日が制限され、1年間で180日までしか営業することができない決まりになっています。これには、営業日数を制限することにより、住民トラブルの緩和する以外にも、ホテルや旅館などの経営を保護する目的もあります。

また、民泊新法ではホテルや旅館などの宿泊施設は該当しません。1日単位での提供を目的としているため、ウィークリーやマンスリーマンションも除外されます。民泊新法に適用されるのは、居住用として所有していたり、借りていたりする部屋・戸建てに限られます。

民泊には、現在問題となっている空き家を有効活用する側面があります。また、業者が民泊用に宿泊施設を建設し運営することを避けるため、居住用の施設に限定されているのです。

尚、民泊新法はあくまで事業者に向けて作られた法律ですので、利用者側にはこれといった変化はありません。

そもそも民泊とは何?

民泊という名前は耳にしたことがあっても、具体的にどのようなサービスなのか正しく理解していないという方が多いのではないでしょうか。

民泊とは、民間の住宅を有料で貸し出す宿泊サービスのことです。本来は人が住む空き部屋を低価格で提供するのが民泊の特徴で、民泊仲介サイトにはAirbnbSTAY JAPANなどがあります。

保証人などの審査無しで、1日から借りられるという点はホテルと同じです。では、ホテルではなく民泊を利用するメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

1. コスパの高さ

民泊の魅力はコストパフォーマンスの高さにあります。都内のビジネスホテルは、シングルサイズのベッドが付いたコンパクトな部屋が一泊あたり5,000円~1万円ほど。一方、民泊は寝室とリビングが別々になった2DKの部屋を同価格で利用することができます。人数が増えるほど一人あたりの料金が安くなりますので、一人あたり2,500円程度で都内の民泊を借りることも可能です。

2. 自炊ができる

ホテルや旅館には、部屋に自炊できるスペースがありません。そのためホテル内の食事処で食事をしたり、外で食事をしたりする必要があります。民泊はキッチンが付いている物件が多く、さらに調理器具が取り揃っていることも多いため、キッチンを使って料理を楽しむことができます。

3. 暮らしている感覚を楽しめる

民泊は日本だけでなく海外でも人気で、仲介サイトを利用すれば世界中の民泊を利用することができます。ホテルのように造りが統一されておらず、その国の部屋ならではの間取りや家具、雰囲気などを楽しむことができ、まるでその国に住んでいるかのような気分を味わうことができます。

マンスリーマンションとの違いは?

マンスリーマンションと民泊の大きな違いは、宿泊できる期間にあります。民泊は一日から予約を受け付けているのに対し、マンスリーマンションは一ヶ月からの利用が条件となっています。

つまり、旅行で数日から数週間程度の宿泊先を探している場合には、マンスリーマンションを借りることはできないのです。ただし一ヶ月分の家賃を支払って利用する場合や、一週間単位で借りられるウィークリーマンションの場合はその限りではありません。

一ヶ月以上の長期利用となる場合には、民泊よりマンスリーマンションを選んだ方がいいでしょう。民泊は年間営業日が180日以内と決められているため、長期的な宿泊予約ができないよう設定されているところも多いようです。

マンスリーマンションも民泊も、家具家電付きで快適な生活ができるという点は同じです。ただし利用できる期間が異なるため、どちらを借りるか迷った時は、短期滞在なのか長期滞在なのか、旅行なのか居住なのかで宿泊先を選んでみてください。